iPhone・iPadのカメラレンズを簡単無料でマクロレンズにする方法

なかなか、iPhone5ケースで納得いくモノが見つからない@fullnowです。

今回は、すでに昨年に既出しているネタですが、自分でもやってみたのでレビューしてみます!

発端は「iPhone5用のマクロレンズ」を探していた時でした。
前回、iPhone4の時にはカメラレンズにベースの磁石を付けてマクロレンズを装着しておりましたが、iPhone5では周囲の音声を感知するマイクが背面カメラと、ストロボの間にあるため、そのような仕様のマクロレンズがでてきません。

って事で、色々探していたら面白い方法を見つけました!

意外なモノで代替えレンズ!

今回、使用したレンズは全くお金がかかりません。
そして、iPhone本体にもある意味装着などもしません。
まず、今回のレンズを使用して撮影した画像を御覧ください。

上の画像は千円札の一部にある「隠し文字」といわれるやつです。
表面(夏目漱石が写ってない方)の上にある桜の中にカタカナで「ニホン」と書かれている箇所があります。
その「ニ」の所をiPhone5で撮影しました。

何をレンズにするかというと・・・

さて、それでは種明かし。
iPhone5のレンズ部に何をつけるかといいますと…

これ、「水滴」なんです。

画像の様にホントに少しの量で大丈夫です。

下の画像は水滴をレンズに乗せた状態です。

このままゆっくりと、もしくは素早く裏返せばOKです。
思いの外水滴は落ちません。

この状態で、被写体にかなり近づけます。
ホントに1センチ以内位に近づけると、千円札の隠し文字でもご覧のように撮影出来ます。

裏面の一部にあるカタカナの「ニ」
同じく「ホ」
そして「ン」

レンズの調整も出来る。

なかなか、ピントが合わなかったり、調整したいなぁ〜ということがありましたら、水滴を乗せたレンズ面を上にして、軽くiPhoneの側面をトントンと指で叩いて見てください。

すると、少しずつ水滴の厚みが薄くなってきますので、調整しながらやってみるとピントがあってきますよ!

と、ちょっと実用的ではないですが、やってて楽しかったのでぜひ、みなさんもお試しくださいね!

※水滴が原因でiPhone・iPadが破損しても責任は負いませんので自己責任でやってください。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク