facebookアカウントの注意点

最近、facebookを利用される個人の方が多くなるに連れ、
お店や会社、店舗などのfacebook利用も多くなって来ました。

facebookの良いところはご存知の通り、

「実名であること」
「顔写真があること」

の2点が絶対条件です。

では、お店や会社などで、facebookを利用したい場合はどうすれば
よいのでしょうか?

「facebookページ」

を利用します。

と、よくアドバイスされる方は口にしますが、
そもそも、facebookを始めてない、やって間もない方には
この「facebookページ」の意味すらよくわかりません。

そういった事を、あまりしっかりと伝えられてないのか、

「facebookっていいってよぉ〜。」
「やっといた方がいいよぉ〜。」

という、周りの声からか、間違った登録をされている
方々を多く眼にします。

facebookをはじめる際に、まず必ず私がお伝えするのは、

facebookは3つで構成されている事。

1:個人アカウント
2:グループ
3:facebookページ(旧ファンページ)

そして、1番と2番はfacebookにアカウントを登録し、
個人で使用すると利用できる、見れるということ。

3番のfacebookページは、アカウントを登録していなくても
見れるということと、お店や会社として利用するときに作成する
ページであるということ。

これだけはしっかりとお伝えしてます。

ですが、最近は店名や会社名で個人アカウントを
作成し、友達申請をされてくる方が多くなって来ました。

「別にいいじゃないのぉ〜」

と、感じる方もいらっしゃるでしょうが、
facebookの根本的な趣旨は「交流すること」です。

そもそも、名前もわからず、顔も見えずでは
交流もできません。

そこに「友達申請」では、ちょっと「むむむ!」的な感になりませんか?

では、なぜお店や会社が個人アカウントで登録するのを
懸念するのか。それは、「メッセージ機能が使える」からです。

例えば、お店や会社で作成された個人アカウントでお友達になった方に
一斉にメッセージを送ることも可能です。

また、こちらは名前も顔もしっかりと出していますが、
お店や会社のほうは一体、ドコの誰がやっているのかも
わかりませんので、そのお店や会社にも行きづらくなります。

双方にとって、マイナスなイメージになってしまうのです。

お店や会社をfacebookを活用して広めていくには
ます、個人アカウントで名前と顔を表記し、

「私はここで仕事をしています。」
「私はこの会社を経営しています。」

と言った意思表示をしながら、同時に
facebookページを広めていくことが一番効果的かと思います。

テレビCMをバンバン流してる、広告もガンガンに売っているような
大きな会社やお店はまた別のやり方もあるので注意が必要ですが。

周りの方で、facebookを始めようという方がいらっしゃったら
アドバイスしてあげるのもいいですね。