沖縄で副鼻腔炎・蓄膿症にお悩みの方へ【実録】蓄膿の日帰り手術の記録  その2

記事をご覧になって頂きありがとうございます。
このページは【その2】の内容になっております。
【その1】をまだご覧になられてないようでしたら、こちらからご覧頂ければ幸いです。

病名はわかった。で治療方法は?

病名はわかったものの、治療方法はというと、あまり期待はしないでおきましたがやっぱり「手術」による治療方法しか、私の場合は無理でした。
しかし、以前の方法ではなく、もちろん最新の【内視鏡手術】です。

事前に、色々とネットで調べてはいたので、おそらく手術しか方法はないだろうと認識してました。
ですが、必ずしもすべての蓄膿症や鼻炎が手術かというとそうではありません。
基本的には、傷をつけない方法が一番望ましいのですから、手術も内視鏡による最小限のキズで抑えるようにされています。

手術以外の主な治療方法としてよく目についたのが

  • 長期投薬治療
  • 通院によるネブライザー吸引治療

です。

どちらも薬ではありますが、複数月期間を考慮して治療するという考え方ですね。

沖縄で日帰り手術先を探す。

さて、病名もわかり、手術が必要なのも確定しました。
今回、診断してくれたのは、浦添総合病院の耳鼻科のお医者さんです。
耳鼻咽喉科|診療科のご案内|病院に来られる方へ|浦添総合病院

そこで、手術ができるのかどうかですが、【出来ます】。
但し、【約10日間の入院を考慮しておいてください。】と言われました。

まずここで私としては10日間の拘束が非常にキツイ事、そして費用的なもので入院費用(手術とは別の泊まる費用)の2点がとても重要でした。

仮に10日間、入院して病院のベッドで横になる事がとても「もったいなく」感じたのです。
先にも述べましたが、事前に色々と調べている際に他府県には日帰りで手術してくれる耳鼻科が沢山あったからです。
なぜ、沖縄の、それも総合病院がやってくれないのでしょうか?同じ内視鏡による手術なのに?

と、そこに突っ込んでもきりがありません。
また、費用についても、入院して10日間動けない時間は自営業を営んでいる私からすれば致命的です。
いつ何時、クライアントから連絡があるかもわかりません。
さらにその宿泊してる期間の費用を出さないと行けないわけです。

なので、まず浦添総合病院のお医者さんには、大変申し訳無いのですが日帰りの手術ができないので浦添総合病院での手術はしない旨をお伝えしました。
そして、診察の際に撮影したMRIと、CTの画像をCD-Rに入れてもらって、紹介状を書いてもらいました。

最後に浦添総合病院の耳鼻科担当のお医者さんいわく【おそらく沖縄で日帰りの副鼻腔内視鏡手術をやってるところはないと思う。】といわれました。

となると、もう県外へ出るしかありません。
そうなんです、私の頭の中から完全に【入院】の二文字はありません。

述べ7つの耳鼻科にメールで問い合わせる。

北は青森から、南は鹿児島まで、日帰り手術の対応を行ってくれそうな耳鼻科をネットで探しまくって以下の文章内容にてメールで送りました。

はじめまして、沖縄から問合せております。
かねてより、副鼻腔炎での症状に悩んでおり、沖縄にある浦添総合病院にてMRI・CTの検査を受けましたところ、「術後上顎洞嚢胞」であると診断を受け、手術が必要と言われました※MRI・CT画像と医師からの書状もあります。
沖縄での手術となると、入院(約10日)が必要ということで、なんとか、短期間で処置してくれるところをネットで探しているところ、こちらを見つけた次第です。

そこで、検査結果の画像、並びに書状をお送りした場合、そちらでの日帰り手術が可能かどうか?
また、事前に診察に伺わなければいけないか?などの質問です。
お手数ですが回答の程よろしくお願い致します。

問い合わせのメールを送った7つの耳鼻科のうち、返答があったのは5件。
そして、対応は厳しいという内容が4件と、一度、診察に来てくださいと書いてあったのが1件でした。

そのたった1件だけ対応してくれそうな可能性を残しつつ、しかも一番最後に返答のメールがありました。
私は藁をも掴む思いで、すぐに予約の電話を入れようと思いました。

その3につづく