iPhoneなどで撮影した画像についた位置情報を削除するアプリ

ブログのデザインを一新してスッキリした@fullnowです♬

今回は、便利なiOSアプリのご紹介です。

iPhoneやiPad、iPadminiなどで撮影した画像など、位置情報などが入っていたりしませんか?
ときにはこの画像についた位置情報が面倒なことになることも・・・。

ってことで、撮影した画像についた位置情報を、後でさっくりと削除してくれる便利なアプリがありました!

Loooks – デジカメ写真の EXIF ビューワー&削除ツール App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料
表記している価格は投稿掲載時点のものです。


iOSアプリ「Loooks」をダウンロードして起動。

「Loooks」をApp Storeで検索される際にはoを3つ入れてくださいねw

まず、起動すると下記の画像が出てきます。


この画面では「OK」を選択。

次にカメラロールや他のアルバムの選択画面に移ります。

その中から位置情報を削除したい画像を選ぶと、上記の画像に切り替わります。
画面したの広告表示上にある「地図を表示」を押すと下の画面が出てきます。

Appleの純正Mapアプリか、GoogleMapsアプリで開くかの選択ができます。

そして、「地図を表示」から少し、下にずらすと
「EXIFを削除して保存」という項目が出てきます。

削除して保存を選ぶと、上記の画面がでてきますので、押すと・・・


ご覧の画像の様に、位置情報だけではなく、撮影した機器や、日付、すべてが削除されます。