投稿

6月, 2016の投稿を表示しています

iPhoneでLINEのトーク履歴をバックアップする方法

イメージ
先日、2016年6月27日に【LINE】のアプリが6.4.0にアップデートされました。
今回のアップデートでは、幾つかの変更点がありましたが、一番望まれいたであろう機能も追加されました。

【トーク履歴をiCloud にバックアップする機能を提供】

これって、地味にありがたいんですよね。
iPhoneの機種変更をすると、同時にLINEアプリも新しいiPhoneに移行するんですが、その際にトーク履歴は引き継がれず、まっさらになるんです。
バックアップしておけば、過去の記録なども見返すこともできるので便利ですよね。

そこで今回は、バックアップの手順をまとめました。



まず、画面下のその他をタップ



次に画面右上の歯車をタップ




次に表示された画面を少し上にスワイプして、画面の下の部分を表示させる。




すると、項目の中に【トーク・通話】の項目がでてくるので、それをタップ




画面の真ん中辺りに【トークのバックアップ】があるのでタップ



バックアップしていなければ、②の今すぐバックアップをタップ。
①は前回のバックアップした日付と容量が表示されています。



沖縄で副鼻腔炎・蓄膿症にお悩みの方へ【実録】蓄膿の日帰り手術の記録  その3

イメージ
記事をご覧になって頂きありがとうございます。
このページは【その3】の内容になっております。
【その1】をまだご覧になられてないようでしたら、こちらからご覧頂ければ幸いです。

沖縄からでも日帰り対応してくれる耳鼻科が見つかった。
ようやく、対応してくれそうな耳鼻科が見つかり少しホッとしました。
すでにこの時で2016年4月でした。
浦添総合病院で検査を行ったのが2月でしたから、約2ヶ月かかりました。

先に申し上げますが、今回、私の副鼻腔内視鏡手術を行ったのは、この最後に連絡をくれた耳鼻科のお医者さんでした。
それがこちらの耳鼻科です。

細田耳鼻科 EAR CLINIC
〒560-0022 大阪府豊中市北桜塚2丁目1-13 TEL:06-6853-0333 FAX:06-6853-0331


ウェブサイトはこちら:日帰り手術の細田耳鼻科


電話にてまず事前連絡を行いました。
すると、「事前の予約は受け付けておりません、当日予約のみです。」と言われてしまいました。
※2016/06/27現在は、2週間前からの時間帯予約は受けてらっしゃいます。

当日のみでの予約ということなので、初診ということもあり、こちらで都合をつけて、休院日を避け午後の診察に合わせて大阪へ向かいました。


午後3時にはいって午後6時過ぎに出た。
4月の上旬にLCCの飛行機で大阪へ。
4月の沖縄は長袖だと少し汗ばむ程度。ですが、大阪はそうも行かず、関西国際空港につくやそのまま空港内のユニクロでジャケット購入w


そのまま、南海電鉄→なんば駅→梅田駅→豊中駅と向かいます。
他にも行けるルートはあったと思いますが、南海電鉄のラピートが好きなのでこのコースでいつも行きました。

午後の診察開始前に到着してしばらく待つと、入り口が空いたのでそのまま受付へ。

「すいません、先日お電話で沖縄から来るとお伝えしたものですが、このCD-Rをお渡しください。」
「あぁ!ご連絡頂いてたかたですね。かしこまりました、ではこちらの問診表に・・・・・」

と言った感じで、沖縄の検査で撮ったMRIとCTの画像データを渡し、どこの耳鼻科でもやるような問診表に記入をしていきました。


20分位待つと、名前が呼ばれ、診察室に案内されました。
受付の時点で、院長先生である細田先生に診てもらうようお願いしていたので、細田先生の診察が始まります。

耳鼻科でも…

沖縄で副鼻腔炎・蓄膿症にお悩みの方へ【実録】蓄膿の日帰り手術の記録  その2

イメージ
記事をご覧になって頂きありがとうございます。
このページは【その2】の内容になっております。
【その1】をまだご覧になられてないようでしたら、こちらからご覧頂ければ幸いです。
病名はわかった。で治療方法は?病名はわかったものの、治療方法はというと、あまり期待はしないでおきましたがやっぱり「手術」による治療方法しか、私の場合は無理でした。
しかし、以前の方法ではなく、もちろん最新の【内視鏡手術】です。

事前に、色々とネットで調べてはいたので、おそらく手術しか方法はないだろうと認識してました。
ですが、必ずしもすべての蓄膿症や鼻炎が手術かというとそうではありません。
基本的には、傷をつけない方法が一番望ましいのですから、手術も内視鏡による最小限のキズで抑えるようにされています。

手術以外の主な治療方法としてよく目についたのが

長期投薬治療通院によるネブライザー吸引治療
です。

どちらも薬ではありますが、複数月期間を考慮して治療するという考え方ですね。


沖縄で日帰り手術先を探す。
さて、病名もわかり、手術が必要なのも確定しました。
今回、診断してくれたのは、浦添総合病院の耳鼻科のお医者さんです。
耳鼻咽喉科|診療科のご案内|病院に来られる方へ|浦添総合病院

そこで、手術ができるのかどうかですが、【出来ます】。
但し、【約10日間の入院を考慮しておいてください。】と言われました。

まずここで私としては10日間の拘束が非常にキツイ事、そして費用的なもので入院費用(手術とは別の泊まる費用)の2点がとても重要でした。

仮に10日間、入院して病院のベッドで横になる事がとても「もったいなく」感じたのです。
先にも述べましたが、事前に色々と調べている際に他府県には日帰りで手術してくれる耳鼻科が沢山あったからです。
なぜ、沖縄の、それも総合病院がやってくれないのでしょうか?同じ内視鏡による手術なのに?

と、そこに突っ込んでもきりがありません。
また、費用についても、入院して10日間動けない時間は自営業を営んでいる私からすれば致命的です。
いつ何時、クライアントから連絡があるかもわかりません。
さらにその宿泊してる期間の費用を出さないと行けないわけです。

なので、まず浦添総合病院のお医者さんには、大変申し訳無いのですが日帰りの手術ができないので浦添総合病院での手術はしない旨をお伝えしました。

沖縄で副鼻腔炎・蓄膿症にお悩みの方へ【実録】蓄膿の日帰り手術の記録  その1

イメージ
副鼻腔炎、鼻炎、蓄膿症などなど、鼻に関わる疾患は色々ありますが、症状の大小はあるもののこれらのことで悩まれている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
私もその一人でした。そう、過去形です。

この度、無事に鼻の日帰り手術を行い、長年にわたる鼻づまりの症状から開放されそうです。
ここに、今回、私が行った自分の手術に至るまでの経緯と理由、また沖縄本当の宜野湾市というフィールドからのアプローチなども含めて細かく記録していきます。

実は、私がネットで調べる過程の中でなかなか求めている欲しい情報に辿りつけなかったからです。
同じように、悩んでいる方、また沖縄で手術を行いたいが、なかなか入院をしてまでは・・・と考えている方々へむけて参考になれば幸いです。