投稿

3月, 2011の投稿を表示しています

熱しやすく、冷めやすいとはよく言ったもの。

東北沖大地震発生から、8日が経ちました。


私は、地震発生から全く被災地への思いや、気持ちの
スタンスは変わっていません。

やってることの量も質も、すべて同じです。

被災地へ、私個人ができることなどたかが知れているからです。

だからといって、何もしないわけではありません。

私はあまり収入はいいほうではないですし、

ぶっちゃけ、年齢別平均年収には程遠いくらいですが、

毎月11日、3,000円の募金を行います。




地震発生直後から2~5日間ほどは

「拡散希望!」

「緊急です!」

このようなツイートが本当に秒単位でアップされていました。




中には、「ほんとかよっ!?」と、突っ込みたくなるような話や

西日本で「節電しよう!」といったツイートなど。


そして現在、被災地からの情報が少しずつ正確性が増し、

これまでの「拡散」や「RT願います」などの

信憑性や、真偽性などがメディアで報じられ、確認などが

できてない情報や、本人からの直接的な情報以外の

拡散は控えるような「雰囲気」がネット内に、広まっています。



ここで、一つ強く感じたので、ブログに残します。


私は、これまでにおそらく「拡散」や「RT」などは

5~7つ位アップしています。

そのすべての情報は、メディア、webを通じて確認し、

間違いないと確信したものだけです。


言い換えれば、確認できたものがそれだけだったのです。


それは、情報がまだまだ、確認できる状況ではないこと、

被災地との連絡手段が取れていないこと、など様々ですが、

未確認の情報が多くツイートされてました。



そして、今日、本当に信じられない様な「拡散」の情報が

入ってきました。

「盗難、強盗」などです。


この情報は、2・3日前から目にしていました。

その情報源は掲示板ですが、それだけで確認はとれません。

メディア、ラジオ、そしてウェブ。

この三つが同じ内容を報じたときのみ確認が取れます。


今日、その3つの確認が取れ、なかでもひどい内容を

拡散させていただきました。



そこに、コメントがありました。

「真偽が取れない内容は拡散しないほうがいい」という内容です。


ん?と、思いそのコメントを頂いた方のウォールを拝見させていただきました。


おびただしい数の「拡散、RT」の投稿が過去にされていました。

そのほとんどは、私も見たことがあり確認を取ってみても

真偽性に疑いのあるものばかりでした。


ちょっと、私自身恐れていた事が、現実的に起こり始めています。


これが今現在、…

できるさ、日本人。できるから、日本なのだから。

東北地方、また、関東の地震により、被害にあわれた
沢山の方々に、心よりお見舞い申し上げます。

また、大変残念な事に、命を無くされた方達の
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。



地震と津波発生から、丸2日がたった今。

それでも、いまだ、救助を待っている人が沢山いる。

避難所では、多くの不安と戦っているであろう、避難された方達。

また、地震と津波により被害のでた地域や施設。その関連被害。

世界でも例をみない、大きな被害となった今回の地震と津波。



現在では、報道がすべて東北地震のニュースを流し、

ラジオでは現地へ向けてのメッセージを、応援を伝える。


twitterでは様々な情報が飛び交い、

「拡散お願いします」というワードが

秒単位でアップされている。



私は沖縄の島に滞在し、遠くはなれた東北の現状を

メディアと、Webをとおしてしか知る事はできない。


そんななかでも、生活をし、食を行うなど日常に

何の変化も起きていない。


それが、たまらなく「辛い」。

「なにかできないのか、なにか・・・。」と

考えるも、あまりに遠く、直接の手助けを行う事は

厳しい状況に、歯がゆい毎日。


 しかし、


現在、多くの国々から「支援」が届いている。


人や物資、救援に必要な道具や施設。

アメリカに至っては「ロナルド・レーガン」という

超巨大空母を緊急に東北へ送ってくれた。


もちろん、沖縄の米軍基地からも多くの救援が

飛び立った。

アメリカだけではないのだが、世界の国々が、

こんな極東の小さな島国「日本」にこれだけの

支援をしてくれている事に感謝、そしてRespect。


現在の状況はまだまだ、余談を許さない状況が続いている。


明確にならない、安否の状況。

確率していない救援措置。

確保がままならない生活必需品。

供給のめどの立たないライフライン。


本当に、いま、自分が口に運ぼうとしている

物でさえ、届けたいくらいの思いだが、

そこは、こらえ今は現地のプロフェッショナルに

任せるしか無い。



私は思う。


募金や、支援、応援も必要だ。


が、しかし、本当に必要なのは

「復興」に関わるだ。


すべての救済が完了し、

安否確認が完了し、そこからが

本当の意味での「応援」が必要なのだと思う。


ネットでさまざまな情報が飛び交い、

驚くような内容の情報も出てくる。


一般の人間である、私はあまりそういった

「拡散」活動は控え、本当に「これは為になる」

と、感じた情報のみを「拡散」しています。


そして、現地の救援活動が落ち着き、

ふぃ〜っと、一息に投稿

イメージ
昨日開催された、「ダイキンオーキッドレディースゴルフトーナメント」。

なんとか、最終日だけ行ってきました。






昨年も初日に足を運んだんですが、仕事の都合やその他諸々の事情で
序盤の5Hのみしか見れなかったんです。

そこで、今年こそはと最後までゆっくりと観戦してきました!





初の最終日に、初のラストまで観戦。

いやいや、最終組が18Hに着いたときの人の多さにビックリです!

こんなにいたのかっ!?ってな位いましたね。


これが、本土の、しかも「石川遼」君参戦の時はもっと多いのか!

と、思うとすごいと感じました。




今回の観戦でのテーマは

「気になる、見てみたい女子プロゴルファーを生で見る」

でした。


私は、熊本出身なので、

不動裕理プロ
有村智恵プロ
古閑美保プロ
上田桃子プロ
笠りつこプロ

を、メインに見たかったですが、
古閑プロ欠場
笠プロ予選落ち
と、なっていました。


Facebookで、つながりを持たせて頂いた、
「馬場ゆかりプロ」は昨年のツアーでも
上位常連の成績で、あと一歩で優勝!ってシーンが
多かった選手です。なので、今回も期待して
観戦に行ってました。


そして、元々、私は有村智恵プロの大ファンでして、
昨年は本人を生で見たい!って気持ちだけで
行ってましたのであまり周りが見えてませんでした。
※去年、行った時の記事です。
http://www.d-blo.com/full/4524-msg.html


沖縄県内では特別な試合がない限りはこの
「ダイキンオーキッド」だけしか、生の選手達の
プレーを見れないので、本当に貴重です。


今回は、サインを頂く準備など一切してなかったので
来年はサインをもらう準備をして、張り切ってスタート前の
パター練習から観戦したいと思います!


では、引き続き↓こちらの制作作業に移ります!

恒例の月一ブログ

ついつい、更新というものを忘れてしまう、こちらのブログ。

現在、facebookとも連携をさせてますが、どうしても
手がつけられない・・・いや、つけてない(笑)




ま、しかし、




Facebookを始めてからは、色々な方との交流が多くなり、
自分自身も楽しく使わせて頂いてます。


また、これを機会に、仕事へとつながって行ければ
尚よろしいかなと。




みなさん、「いいね!」を見かけたら是非、一つおねがいします!